みなさまこんにちは~。

自分の時計は何メートル防水?どこまで濡れても大丈夫なのかな?と思われた方も多いかと思います。
本日は、時計選びにとって重要なポイントとなる防水機能について、簡単ではありますがまとめてみました。

h5-008


【30M防水】
3気圧防水。雨に濡れても大丈夫な程度です。水道の蛇口の水にはご注意ください。3気圧以上の水圧がかかり、時計内部に水が浸入する場合があります
※ナビタイマー01、モンブリラン38

main_photo_2

ナビタイマー01 
価格:¥1,000,000+TAX


【50M】
5気圧防水。水面上で行われるスポーツで着用できる程度です。時計に水圧がかかったり、水流をかぶる場面では、着用を控えて下さい。

【100M】
10気圧防水。水泳など、水中に時計を入れても大丈夫です。ただし腕を強く振ることで、10気圧を超える水圧がかかる事もあるのでご注意下さい。
※アベンジャーハリケーン ギャラクティック29スリークT エアロスペースEVOなど
main_photo_4

アベンジャーハリケーン ミリタリー
価格:¥1,050,000+TAX



【300M以上】
30気圧防水以上。ダイバーズウォッチとしての性能を備えています。水中での使用が多い方は、1年に1回、通常は2年に1回防水テストを受けて下さい。
※クロノマット44 アベンジャーⅡ スーパーオーシャンなど
main_photo_2

アベンジャーⅡ
価格:¥610,000+TAX




ブライトリングの数あるコレクションの半数以上は、200M防水以上を備えています。

ぜひご自身のライフスタイルに合ったピッタリの1本選びにご活用下さい。