ブライトリング正規販売店 プリベ石川 松山

スイス

ブライトリングトップガンミーティング ~最終日 後編~

みなさまこんにちは♪

ブライトリングトップガンミーティング ~最終日 後編~

いよいよ最終話となりました~。

ジュネーブを後にし、世界遺産の小さなワイン村ラヴォー地区へと向かいます。

IMG_1161

近くに駅がありました。
そこから歩くこと10分ほどで見えてきました!

IMG_1171

ブドウ畑~。
スイス最大のレマン湖の北岸はスイスを代表するワインの生産地として有名です。
レマン湖北岸のブドウ畑の中でもローザンヌとモントルーの間はラヴォー地区と呼ばれており、
世界文化遺産にも登録されています。

ただこれだけは胸を張って言えます。
愛媛の「みかん畑」だって負けてませんよっ!

IMG_1173

近くのワイナリーで試飲させて頂きました。
自身全く飲めないのに、思わず1本購入しちゃいました
恐るべしスイスワイン・・・。

そこからまたバスでチューリッヒに移動します。
RIMG0679

今まで訪れた町とはちょっと違った雰囲気です。

RIMG0681

テレビで見たことある様なところを歩きながら、

IMG_1212

この旅の終着点、ブライトリングブティックチューリッヒに到着です。
残念ながら営業時間に間に合わず、外からのみの撮影となりましたが素敵なお店でした。

その夜チューリッヒにて色々ありながらも宿泊し、翌日の午前中の便で帰国しました。


今回の旅を通じてブライトリングの物づくり、品質へのこだわりをリアルに体感する事ができました。
もっともっと皆様に見て頂きたい写真や、お伝えしたい事がたくさんあります。
まずは店頭にご来店頂き、ブライトリングを見て、触って、着けてリアルを体感して下さい。





ブライトリングトップガンミーティング ~最終日 前編~

みなさまこんばんは♪

連日お伝えさせていただいております、
ブライトリングトップガンミーティング ~最終日 前編~
をお届けいたします。

最終日となる日は、スイスのブライトリングブティック巡りと
世界遺産でもある小さなワイン村ラヴォー地区を訪れ、
最後は空港のあるチューリッヒへと向かいます」。

まずは少し早起きしてジュネーブの街を散歩してみました。

IMG_1139

宿泊していたホテルの横にブライトリングブティックがありました。
川を挟んで反対側は、
IMG_1149

日本でいうところの「銀座」みたいな感じで、
多くのブティックが立ち並んでいます。
やはり早朝6時には誰もいませんでした・・・。

RIMG0643

明るくなってからブライトリングブティックを訪れます。

RIMG0674

ウエルカムドリンクを頂きながら見学させて頂きます。

RIMG0667


RIMG0666

中はこんな感じになっています。

IMG_1228

記念にみんなで1枚。
真ん中の方はコチラのブティックのオーナーです。
両腕にはもちろんブライトリングがおさまってました。
コチラでの人気は、スーパーオーシャンヘリテージⅡ、コルトスカイレーサーとの事。

その後、バスでスイスワインで有名なラヴォー地区へと移動です。
長旅になりそうなので続きは次回に。











ブライトリングトップガンミーティング ~4日目後編~

みなさまこんばんは♪

お待たせいたしました~。

ブライトリングトップガンミーティング ~4日目後編~

をお届させて頂きます。

本日はダイヤル工場~ブライトリングクロノメトリーまで、
盛りだくさんの内容です♪

RIMG0620

前回訪れたモンブリラン通りから車で約10分ほどの所にありました。

MONTREMO SA 

ブライトリングの美しいダイヤルを作ってるところです。

RIMG0621

エントランスはこんな感じです。
残念ながら撮影はここまで・・・。

見たことのないダイヤルや、おっ!思うモデルまでたくさん製作れていましたよ。
1枚の板から美しいダイヤルが出来上がるまでの工程は、
とんでもなく手間のかかる作業だと改めて感じさせられました。

その後、いよいよブライトリングの心臓部でもある

IMG_1225

ブライトリングクロノメトリーに到着です。

RIMG0623

とにかく中がキレイ!

RIMG0626

みんなが履いているのは青い物はビニール袋で、
時計の敵でもある水分・ホコリ対策には重要な役割を果たしています。

撮影はこれ以上はNGとの事でしたが、とにかく技術力の凄さ、その品質を保持するためのチェック体制に圧倒されます!

IMG_1122

最期に今回のミーティングの修了証書を頂きました。

1日通して、外装・内装の製造工程を見学させて頂き、ブライトリングの品質に対するこだわりを体感させて頂きました。
このクォリティをこの価格で提供できるブライトリングでやっぱりスゴイです!

そして本日は、
IMG_1132

ジュネーブにて一泊です。
ホテルの屋上からの眺めが最高でした!

次回、ブライトリングトップガンミーティング最終日は、
ジュネーブとチューリッヒのブライトリングブティックを訪れます。

お楽しみに♪





ブライトリングトップガンミーティング ~4日目前編~

みなさまこんにちは♪

あいにくの天気の3連休ですが、いかがお過ごしでしょうか。

お待たせいたしましたっ!
「ブライトリングトップガンミーティング」
この日も盛りだくさんの内容だった為、前後編に分けてご紹介させて頂きます♪


まずは早朝の散歩から
RIMG0599

早朝のヌシャテルを歩いてるとこんなのが走ってました!
ヨーロッパって感じがします。

そして本日は、こちらを見学です。
無題

WERTHANOR
ブライトリングの光輝くケース、ブレスレットを作ってる工場です。

RIMG0607

内部は撮影不可のため、雰囲気だけでもご覧ください。

RIMG0608


RIMG0609

製造工程を順を追って見学させて頂きましたが、
とにかく手間のかけ方がスゴイです!
そして、その品質を保持する管理体制のすごさに感心させられました。

次のダイヤル工場に移動中、ちょっと寄り道です。
RIMG0614

モンブリラン通り
ブライトリングファンの方なら誰しも聞いた事のある名前ではないでしょうか?
1892年~1979年の間ブライトリング本社の建物があった場所で、
「ブライトリングの聖地」とも呼べる場所です。
RIMG0616

現在はこんなになっています。
RIMG0618
その壁に『prive』の文字が!
運命的なものを感じテンションがあがりました♪

その後、ダイヤル工場、そしていよいよブライトリングの心臓部であるクロノメトリーへと移動していきますが、続きは次回のお楽しみ♪








ブライトリングトップガンミーティング ~3日目後編~

みなさまこんにちは♪

「ブライトリングトップガンミーティング」
3日目後編ですよ~。

ブライトリング本社を後にして次に向かった先は、
IMG_0999

ユングフラウヨッホ

スイス・絶景で検索すると必ず出てきます!
アルプスの岸壁を貫く勾配のユングフラウ鉄道で、
ヨーロッパ鉄道最高点3454Mまで楽々移動出来ます。
観光客にはありがたい♪

RIMG0547

駅の時計もオシャレです。
なぜここを訪れたかというと山頂の駅には、

RIMG0578

アベンジャーハリケーンの看板。
そしてまさかまさかの
RIMG0579

ブライトリング取り扱いショップがありました!
おそらくですが、世界で一番高い場所にあるショップではないでしょうか?
山頂の絶景は店頭にお越し頂ければお見せできますよ♪


そしてまだまだ行きます!
インターラーケン麓の小さな村になぜかミスマッチなブティックが・・・。
IMG_1006

世界の名だたるブランドが名を連ねていました。
写真ではわかりにくいですがとにかく人が多い!

IMG_1005 (003)

その中でも一番目立つ場所にナビタイマーがありました。
当たり前ですがどの国に行ってもブライトリングはカッコイイです♪
店内では日本人スタッフの方にきさくに対応して下さいました。

本当に濃密な1日で、
スイス滞在中で一番よく眠れた日だったのではないでしょうか?
そしてまだまだ旅は続きます。

次回はブライトリングトップガンミーティング ~4日目~
ブライトリングクロノメトリーやブレスレットやケースのファクトリー見学編です。
お楽しみに♪



ブライトリングトップガンミーティング ~3日目 前編~

みなさまこんにちは♪

連日お伝えしてます、
「ブライトリングトップガンミーティング」
本日が3日目!濃密な1日だったため、前後編に分けてのご紹介です。
本日は遂にブライトリング本社を訪れます!

BR11

本社前にて記念の1枚。
ブライトリングの全てがここから始まっていると思うと、
身震いするくらいの緊張感と高揚感でいっぱいになりました。

BR8

お出迎えです。

BR4

受付を通っていよいよ内部に潜入です!
しかし残念ながら写真撮影はNG。

BR10


BR3


BR2

共有スペースは撮影可能との事でしたので、
出来る限り撮影してます。
時計の敵でもあるホコリは1つもなく、
クリンリネスが見事に行き届いていました。

IMG_0905

最期にコレがやりたかったんです!
インスタ映えと言いながらの1枚♪

まだまだお見せしたい写真がいっぱいあります!
店頭で見れますので、お気軽にスタッフにお声がけ下さい。

次回、
ブライトリングトップガンミーティング ~3日目 後編~
に続く。











ブライトリングトップガンミーティング ~2日目~

みなさまこんにちは♪

昨日からシリーズでお伝えしてます
「ブライトリングトップガンミーティング」
本日が2日目!いよいよスイスに突入します♪

成田空港ロビー

成田空港で手続き後、

スイスエアー

スイスエアーにて出国です。
個人的にも久しぶりの海外のため、
若干テンション高めで乗り込みました☆

チューリッヒ空港

日本を出て約12時間、
松山からだと移動時間がなんと約15時間!
遠かった・・・。

ホテルに移動後、
IMG_0794


絶景を眺めながら食事に移動です。
クラシックな街並みに日本人の団体が目立ちます・・・。
2ベルン


ベルン大聖堂を見ながら、
IMG_0802



レストラン「コルンハウスケラー」に到着です。
コーンハウス

もともと穀物庫として使われていた建物を、
地中海レストランに改装しています。
雰囲気も料理も抜群でした♪

ここまで全く時計の話が出てなくてすみません
次回はいよいよブライトリングの工場へと向かいます。

ブライトリングトップガンミーティング ~3日目~ をお楽しみに♪







限定モデルも盛りだくさん!!

皆さんこんばんは

連休が始まりましたね

ご予定はいかがでしょうか

ぜひぜひプリベ石川にもお越しくださいませ


さて、限定商品がいくつか店頭に並んでおりますが、

その中からおひとつご紹介です

「クロノマット44 GMT パトルーユ スイス」

Chronomat44_Gmt_PatrouilleSuisse50ans_001


世界限定1000本という大変貴重な一本

スイス空軍のアクロバットチーム「パトルーユ・スイス」の

創立50周年を記念したモデルです


副時針の先がF-5EタイガーⅡのシルエットであったり、

9時位置にはレッドとイエローが目を惹く

チームエンブレムが描かれていたりと、

一目で特別仕様とわかるデザインです


航空マニアさんだけではなく、

他のブライトリングと差別化を図りたい方にもおススメです

ぜひご試着ください


ご来店お待ちしております


クロノマット44 GMT パトルーユ スイス
¥1,150,000+税

元気をもらいました!ジェットマン!!

皆さんこんにちは


昨日の晩や今朝のニュースですごく紹介されていました

今後もどんどん露出するはずです

ジェットマン

思わずテレビを携帯で撮りました

ジェットマン1


ジェットマン2


何かに一生懸命チャレンジしている姿勢を見ると、

こちらも元気が湧いてきます

ブライトリングのスピリットを感じますね

もっともっとこの名を皆様に知っていただけるように、

私たちも頑張りたいと思います


では、今日も元気に皆様のお越しをお待ちしております




いよいよバーゼルワールド!!

皆さんこんばんは


もうすぐバーゼルワールド開幕です

今年は私も現地へ向かわせていただくことになりまして、

準備に追われております


素敵な情報をたくさん持ち帰りたいと思いますので、

ぜひまた店頭へお越しください


現地のインターネット環境によっては、

会場の様子などを少しアップできればと思います


それでは、またの更新まで

行ってきます




Shop Information

ブライトリング正規販売店
プリベ石川 松山